読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気になるトピック

将来起こりえることをポイントにおいた防備録

インフラ(新線開発)①関西空港を活性化させる大阪なにわ筋線

2016年 12月に大阪環状線で運転開始された新型電車、3月のWBC強化試合の観戦の

際に京セラドーム大阪へ訪れた際に、運よく初の乗車。

f:id:TOKYOOHSHO:20170304111630j:plain

f:id:TOKYOOHSHO:20170304111717j:plain

f:id:TOKYOOHSHO:20170304112046j:plain

JRの通勤型電車で珍しい3扉20m車の構造で、現在併用して走行している中距離電車

快速(紀州路快速大和路快速)と車の構造が統一化されたことにより、新車置換完了後

大阪環状線全駅にホームドアが設置されることに。JR東西線型のホームドアの形式と

同じになると思われる。

 

車両に乗った感想で、外面はまったくの新設で結構美しく、内装は山手線新型車両より

シックで美しい。断然大阪環状線のほうがええなぁ・・・

 

さて、3月2度目の関西遠征(センバツ、大相撲三月場所)の前日、読売新聞大阪版の記事

で、なにわ筋線の建設と運営の詳細が掲載されていた。

(今は読売サイトで記事のリンク期限切れのため、まとめ togetter.com がソース)

togetter.com

 

つまり、JR西日本が現在東海道支線の貨物用線路の一部を地下化しそこに梅田新駅

(仮称うめきた駅)を建設。その線路はおそらく関空特急はるかと特急くろしおを走行

してから大阪環状線へ乗り入れる方式にかえれば、JR野田駅近くの単線踏切が解消

されるし、将来のなにわ筋線で京阪中之島駅JR難波駅、南海なんば新駅、新今宮駅

と接続できれば、関空特急はるかと南海ラピートが並列に走破する。

 

なおこのルートの直接の運営が南海なんば新駅⇔うめきた駅間が南海に決まりそう。

なにわ筋南行にJR難波駅の現存でJR西日本が優勢かな?と思いきや南海が運営する

ことで、南海は初めて自社路線梅田へターミナルをもつことになる。ここまでは

計画が元々存在していたから、ふ~んだったんだよね。

 

阪急の計画については詳細化されてないので、また別の機会に記事にしよう。

新横綱稀勢の里誕生~大相撲三月場所特集

平成25年大相撲三月場所十四日目観戦@大阪府立体育会館(椅子席C)

f:id:TOKYOOHSHO:20130323180526j:plain

f:id:TOKYOOHSHO:20130323141557j:plain

f:id:TOKYOOHSHO:20130323175951j:plain

 

平成26年大相撲三月所十三日目観戦@大阪府立体育会館(枡席A)

f:id:TOKYOOHSHO:20140321132255j:plain

f:id:TOKYOOHSHO:20140321133207j:plain

f:id:TOKYOOHSHO:20140321180115j:plain

 

平成27年大相撲三月場所初日観戦@大阪府立体育会館(椅子席D)

f:id:TOKYOOHSHO:20150308140637j:plain

f:id:TOKYOOHSHO:20150308140723j:plain

f:id:TOKYOOHSHO:20150308152121j:plain

f:id:TOKYOOHSHO:20150308175737j:plain

 

平成28年大相撲三月場所九日目観戦@大阪府立体育会館(椅子席D)

f:id:TOKYOOHSHO:20160321153416j:plain

f:id:TOKYOOHSHO:20160321180035j:plain

 

さて、平成29年大相撲三月場所も九日目をゲットしました。

f:id:TOKYOOHSHO:20170211090132j:plain

f:id:TOKYOOHSHO:20170304110633j:plain

横綱稀勢の里が異常なほど人気がでており暫く相撲人気は続くだろうな・・・

 

2017年の寒気による大雪

日本列島は、南方から流れる暖流と大陸(北極~シベリア)からくる猛烈な寒波に影響を

うけ、主に日本海側(青森県福井県、そこから西へ京都府北部~島根県)に大雪をもた

らす。例年だと北海道から大雪のラインが南下し、青森県酸ケ湯とか新潟県津南町

ような豪雪地帯が当たり前のように紹介されますが、今年は西日本に大雪の話題が

多いなぁ。

www.news24.jp

 

まとめるとこんな時系列になる。

2017/1/14
新潟県津南町183cm、湯沢町128cm、長岡77cm、新潟市新津61cm
福井県大野市九頭竜で104cm積雪を観測。
2017/1/15
広島市で19cm、京都市で14cmの積雪
2017/1/16
京都府南丹市美山町で49cmの積雪
山形県大蔵村肘折温泉で245cmの積雪、山形県尾花沢市で130cmの積雪
2017/1/17
福島県檜枝岐村村で218cmの積雪、新潟県津南町で173cmの積雪
2017/1/23
鳥取市で57cmの積雪岡山県境の智頭町では観測史上最大となる111cmの積雪
2017/1/27
京都府舞鶴市39cmの積雪、京都府京丹後市峰山町24cmの積雪、京都府南丹市美山町23cmの積雪、滋賀県彦根市29cmの積雪
2017/2/10
兵庫県香美町香住で21cmの積雪、兵庫県豊岡市19cmの積雪、兵庫県香美町兎和野高原で146cmの積雪
2017/2/11
鳥取市91cmの積雪鳥取県倉吉市48cmの積雪、鳥取県米子市28cmの積雪、鳥取県境市24cmの積雪、大山220cmの積雪
島根県松江市22cmの積雪
2017/2/12
鳥取市83cmの積雪兵庫県豊岡市で74cmの積雪福井県敦賀市で53cmの積雪

 

東海道新幹線が連日遅延の放送をしているから余計に西日本の大雪が警戒できない

レベルであることを物語ってますな。

マーベル・シネマティック・ユニバース VS Project DCコミックス

2016年に「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」が上映されてから、負けじと

DCコミックスの第3作目「スーサイド・スクワット」公開。2017年に入ってこれから

マーベル・シネマティック・ユニバースで「ドクター・ストレンジ」が公開。これから

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー2」「スパイダーマン:ホーム・カミング」と

公開予定。方やDCコミックスは「ワンダーウーマン」「ジャスティスリーグ」の公開

を控えている。

 

Project DCコミックスのサイト

warnerbros.co.jp

 

マーベル・シネマティック・ユニバースのサイト(アベンジャーズ)

www.disney.co.jp

 

また、マーベルコミックには別に「X-MEN」と「ファンタスティック・フォー」の

シリーズ(こちらはキャラクターは「ミュータント」と呼称。配給権は20世紀FOX)

があり、こちらもキャラクターが増えてくる。

 

2017年注目作品は、Project DCコミックスでは「ジャスティスリーグ」かなぁ?

その前に公開される「ワンダーウーマン」も面白そう。

 

マーベル・シネマティック・ユニバースは「スパイダーマン:ホームカミング」が

一押しになりそうです。

www.spiderman-movie.jp

 

 

 

映画館の設備(IMAXシアター、DOLBY ATOMSシアター)

先日「ローグ・ワン」を 3D/IMAX 字幕版で、「ファンタスティック・ビースト」を 3D

字幕版で鑑賞してきた日、予告編で「君の名は。」の年明け興行と期間限定ではあるが

IMAX版での上映を予告していた。2015年に「スペクター」公開時にIMAX公開の劇場の

ことを記事にしたのだが、全国でIMAXシアターってどれくらいあるの?と疑問にした

ことがありました。そしたらいろいろなブログで劇場設備とシアター展開数を議題に

している方のサイトを見かけました。私もよく映画を見に行くので参考にExcelで一覧

をつくってみました。やはり関東地方には設備を準備していることが多く、西日本には

設備がすくないなぁという結果になりました。けど、都会に設備が集中している訳では

なく、イオンシネマ・シネマサンシャイン・109シネマズ・ユナイテッドシネマなどが

先に展開しており、後発でTOHOシネマズが追いかけて展開しているようです。

 

f:id:TOKYOOHSHO:20161224185422p:plain

 

そしたら、もう一つの規格「DOLBY ATOMS」ってどうなのよと思い同じく表に纏めて

みたら、ビックリ!IMAX採用劇場より展開数が少ないのね・・・

 

f:id:TOKYOOHSHO:20161224185822p:plain

ATOMS導入劇場は、TOHOシネマズが圧倒的に多い。TOHOシネマズはTCXという独自

規格のスクリーンでATOMSを併用しているケースが多く、JBLスピーカーで展開して

いるのはわずか 1館。やはり劇場設備を改修するにはいろいろなところを合わせて改修

しないとわりに合わないんだろうなぁ・・・

 

※SMT(松竹マルチプレックスシアター)は1館も改修していない。ティ・ジョイは1館。

ここからでもTOHOシネマズとは一線を画されており、109シネマズ、イオンシネマ

などに健闘してもらわないといけないわなぁ。

 

 

 

関東地方、54年ぶり 11月に降雪か?

最初は今週の業務終了前後にウチの女子社員からブロードキャスト。まさかこの11月で

地球温暖化を叫ばれている昨今、んなわけあるかいな?と思ってたら祝日のニュースで

降雪になる南岸低気圧と大陸から寒気が関東甲信地方まで南下の予報となっており、

降雪の確立は 80% くらいとよみうりテレビ「ミヤネ屋」の気象予報士蓬莱大介さんが

仰っておりました。番組MCの宮根誠司は「80%なんでや?」とツッコミを入れてまし

たがね。

 

これで、11月の関東地方で降雪があると54年ぶり、着雪になると史上初となるらしい。

関東ローカルだけでなく全国のニューストップで降雪が報じられています。

 

11月の雪となるとどんなことになるか?まったく見当がつかない。

朝日新聞のウェブサイトに当時に写真(1962年11月22日)の模様が・・・


明日は最高気温が4度以下の予想・・・今日の最高気温より11度も下がるらしい。

気を付けて通勤しないとな・・・

 

格差がひろがること

なんていう真面目なタイトルですが、この話題はスポーツ分野における東西格差。

 

2016年シーズン終了を目の前にして、神宮球場明治神宮野球大会を観戦。やっと顔を

覚えてもらった売り子さんとビールを買って少し神宮球場の観衆について語っていたん

です。

 

今回、秋季高校野球東京地区大会で、清宮幸太郎主将率いる早稲田実業が優勝、来春の

センバツ出場を勝ち取りましたが、各地区の優勝校で日本一を決定する明治神宮大会

高校の部に早実が出場するため、こりゃ神宮また満員札止めになるなぁ(+_+)と思い、

結局早実の翌日の試合で、近畿地区優勝校の大阪・履正社高校の試合を観戦することに

なりました。

 

神宮球場は、大阪 VS 福井だったにも関わらず内野は満員、外野は解放していなかった

ので、売り子さんとなんで土日外野を解放しないのかね?と会話していたのです。

 

f:id:TOKYOOHSHO:20161113103457j:plain

 

高校の部は 午前中開始の 2試合、午後開始は 大学で 2試合。暦の上では冬の試合です。

日が短いので、第4試合は確実に点灯試合。なおかつあんまり観客動員が見込めない

時間のため、地方の大学があてがわれることが多くなんか罰ゲームみたいでかわいそう

に思えてきます。

 

f:id:TOKYOOHSHO:20161113130849j:plain

 

さて、第3試合 は、東京六大学代表の明治大、方や関西学生野球リーグの関西大との

東京 VS 大阪対決ということもあり、内野席は満席状態に。普段の六大学リーグ戦

(早慶戦を除く)、梅雨時期に開催される全日本大学野球選手権と比べても観衆が多い

ことにまず驚かされました。(2日目に開催された早実 VS 静岡の試合もこんな感じ)

 

で、結果、明治の勝利だったのですが、内容があまりにも一方的な試合だったので、

ふと東西格差が大学野球でもあるんじゃないか?と疑念がわき調べてみたわけです。

 

そしたらすごいね。関西勢は平成 9年に近畿大が春秋連覇、なんと 20年ほど日本一に

なっていないことに愕然。東西格差で、ほぼ東京勢が圧勝、関西勢は見る影もなし。

 

じゃあ原因はというと、やはり 30年ほど前に関西学生野球連合が解体してしまい、

連盟が 5つに分かれてしまったことと、上位とみられていた関西学生(関関同立)と

関西六大学(関関同立以外)に分裂、下部組織をそれぞれ作らずに運営していったことが

相互に弱体し、日本一になれない原因を作っているのではないか?

 

これが野球だけに限らず、サッカーもほとんど東日本勢にかなわず、ラグビーも大学

以上はほとんど東日本勢が優勢。わずかに高校野球高校ラグビーくらいが強いか?

それでもPL学園が君臨していたころの高校野球と違い相対的になってきてるもんな。

 

日本はスポーツ大国で、人口が多いから人材のすそ野は大きいとはいうが、東日本だけ

優秀になってもしょうがないと思うのは考えすぎだろうか?